ビューポートの高さを変更しながら、この要素を見ていてください。